Easy Kintai FW 勤怠管理システムタイトル

【機能】

■指紋認証による出退勤で不正防止(打刻を指紋認証にした場合)
 不正打刻による人件費負担は、見過ごすことができないほど大きな金額になります。

■カードによる出退勤で不正防止(カード+指紋認証にした場合)
 Edyカード・Suicaカード・お財布携帯などパソリで読み込めるものならなんでもOKです。

■タイムレコーダー等の設置が不要
 従来のシステムでは、タイムレコーダなどを購入。設置する必要がありましたが、本システムは市販のPCが利用できるため、導入にかかる費用を軽減する事ができます。
 (FP−PLUSとカードリーダーが必要です)

■管理者は指紋認証で管理システムを操作します
 打刻プログラムの起動は誰でも行えますが、管理プログラムは管理者が、指紋認証を行い認証されないと起動しませんので不正処理を防ぎます。

■月次で集計された勤務実績のほか、毎日の打刻時間を記録した勤務データ、スタッフマスタのデータを、CSV形式で出力することができます
 出力データの配列は自由に調節できるので、さまざまな給与計算ソフトに取り込むことが可能です。


【こんな問題を解消!】

■FAXやメールでスタッフの勤怠管理をしていますが、自己申告制のため、勤務時間や残業時間のチェックも思うように行かず、月末〜月初めは事務処理に忙殺。

■信頼できるスタッフに運営を任せてはいるものの、紙に記録した自己申告のみは不安。オーナーとしてやはり目に見えない状況は不安も残ります。とにかく、各店舗の勤怠状況を簡単に確認したい、というのがいちばんの悩み。

■勤怠管理の必要性は感じてはいるものの、小規模経営のため、専用の機器を拠点数分購入するのは、負担が大きい。また紙のタイムカード方式にしても、結局は月末の収集作業が必要になるなど、価格面や運用、保守の手間から勤怠管理にコストはかけられないと二の足を踏んでいました。



【導入後「出退勤状況がリアルタイムに把握でき、人件費も即確認」 】

■現場任せだったスタッフの勤務状況が把握出来ます。

■月次集中の計算業務の軽減。
 勤務実績の集計が自動的に行われるため、業務効率が大幅に向上。人件費も即確認できるため、計算業務の事務処理の負担も大幅に軽減されます。

■データは使い慣れた給与計算ソフトへ取り込み。
 CSV形式で実績データを出力できるので、勤務実績データは使い慣れた給与計算ソフトへ取り込みOK。入力の手間や入力間違いもなく、効率的な事務作業が実現しましす。


【用語説明】

■ FeliCa
ソニーが開発した非接触ICカード技術方式。偽造・変造しにくく、高い安全性を持ちながら、スピーディーなデータ送受信が可能です。
■ Edy
ビットワレット株式会社が管理するプリペイド電子マネーサービスのブランドです。
■おサイフケータイ
NTTドコモの登録商標です。 その他記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
■ CSV形式(Comma Separated Value format)
Microsoft Excelなどの表計算ソフトや一般的な給与計算ソフトでも読み込める、汎用性の高いファイル形式。データをカンマで区切ったテキストファイル形式です。
■PaSoRi
PaSoRi(パソリ)はFeliCaを利用した非接触ICカードを読み書きできるUSB対応リーダー/ライターです。
■PF-PLUS
テクノイマジア製指紋認証デバイス